「 むっちゃんの 花鳥風月 」  メインは野鳥 + 猫家族・富士山・花・鉄道・空  

canaryizo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 13日

パパ猫がヤモリとの遊び方を伝授した梅雨の一日 2014/6/13 in Tokyo

W杯サッカー開幕戦 ブラジルVSクロアチアを見たいから
朝4時半に起きた この時間では朝顔が咲ききっていない
存外お寝坊さんなんだ~とチョッピリ安心する 私も朝に弱
いからね ところが前半を終了した時庭に眼をやると青い
アサガオが12輪も空を見上げていた まるで祝W杯のようだ

左手にママ猫が寝そべり 右手にパパ猫も居る 彼らの脇の
下をモミモミしながら朝顔に囲まれてサッカー観戦 最高の幸せ






《 ヤモリと遊ぶ やってみて やらせてみて 褒めて伝授のパパ猫 》

d0129921_9305316.jpg

↑ パパ猫                    弟猫                       兄猫  ( ママと妹はあまり興味ないみたい )



d0129921_9315293.jpg

↑ 「 こうしてなソフトに扱うんだよ 」 とパパ



d0129921_9331620.jpg

↑ 「 上手くとれないな~ 」 と兄



d0129921_934184.jpg

↑ 「 どうしょうかな~ 」 と弟



d0129921_935523.jpg

↑ 「 そうそう 優しくな 歯を出すなよ 」 とパパ



d0129921_9354644.jpg

( Taken with EOS kiss X6i   (C) Photo by M  )
↑ 「 だいぶ優しく触れるようになったな~ 」 とパパ

先日ニュース9を観ていたとき花瓶が並べてある床のほうからカチャカチャと音を立てる者がいた 「 だれ?うるさいわよ~ 」 
少し経ってパパ猫が出てきて逃げていった 何か口に含んでいるようだ 子供猫たちの真ん中にポトンと落としたのは「ヤモリ」だ 
ヤモリだってそのまま遊ばれてるばかりじゃたまらない 隅の暗いほうへ入って猫たちは追えなくなった パパ猫は最初の花瓶が
あったところをまだ探している 翌日またパパ猫が見つけてきて子供猫の前においた まるで 「 遊ばせてもらんだから優しくね 」
と指導しているようだった 男猫どもが上手に優しく遊んだあと 「 ありがとさんね~ 」 と梅雨の庭にヤモリさんを放してあげた

by sutudio_m | 2014-06-13 09:56 | 動物(猫家族など)) | Comments(0)


<< 実りの夏へ でも長雨は勘弁して...      桑の実の中で ムクドリ巣立ち雛... >>