「 むっちゃんの 花鳥風月 」  メインは野鳥 + 猫家族・富士山・花・鉄道・空  

canaryizo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 25日

国蝶オオムラサキに逢いに東京都青梅市日の出町へ行った (6/24撮影) 2017/6/25 in Tokyo

東京都青梅市日の出町のゴミ最終処分場「谷戸沢処分場」で
国蝶のオオムラサキが羽化したと言う記事を東京新聞で読んだ。
7月になったら山梨県まで足を運ぼうかと思っていたので即実行。
東青梅駅からタクシーで峠越えの森を抜けた「谷戸沢処分場」
に着くとイベントののぼりが揺れていた。山を開発してゴミを埋め
戻し造成した跡地は森に囲まれ広く、野の花が揺れていた。

十数年前職員の方が落ち葉を掻き分けていたら「オオムラサキ」
の蛹が沢山見つかったとのこと。このままでは天敵に食されてし
まうだろうと、集めて保護飼育することになったのが事の発端らしい。

ゴミの最終処分場が里山として再構築される過程で、育まれた
谷戸沢処分場の生き物たちについては「谷戸沢記念館」のモニター
で良く分かるようになっている。年に数回不定期ではあるが、里山
ガイドツアーやバードウオッチングや今回のオオムラサキの放蝶
イベントなどをするという。トウキョウサンショウウオやフクロウなど
も守られながら住んでいるらしい。

この最終処分場に関しては知らない都民がほとんどだと思う。
もっと広域的に知れ渡り、理解してもらうべく宣伝をしてもらいたい。


http://www.tama-junkankumiai.com/





d0129921_11504499.jpg

ほとんどのオオムラサキが放蝶即 森へと舞い上がったがこの子だけはのんびりと手から空へ・・・
d0129921_11505581.jpg


---------------------------------------------
エノキの大鉢ごと大きなケージの中で守られている
d0129921_1151747.jpg

葉っぱと保護色の蛹は優しく触れると 生きてま~すとばかりプリプリ動く
d0129921_11511685.jpg

d0129921_11512680.jpg

エノキに蛹が複数ぶら下がっていた
d0129921_11513515.jpg

この日羽化した蝶は8頭 一旦プラスチックケースに保存
d0129921_11514566.jpg

そして見学に来た沢山の子ども達の手で放蝶されたのだった 来年も増えてくれるように祈ろう
d0129921_11515417.jpg


by sutudio_M | 2017-06-25 10:51 | 花&昆虫 | Comments(0)


<< あじさい電車 箱根登山鉄道に行...      東京で 「国蝶オオムラサキ」 ... >>