「 むっちゃんの 花鳥風月 」  メインは野鳥 + 猫家族・富士山・花・鉄道・空  

canaryizo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 22日

2008年1月22日 猫家族大計画から6年 子ども猫たち 4回目の誕生日を迎えました



先代の家猫が亡くなってから3年後に、娘に「孫はまだ?」とは言いたくなくて、そして猫の一生が18年とすると、今育てないと老体に
ムチ打つことになるし・・・などなど考えました。

一念発起して、再度猫の一生の勉強をし(先代のときは猫のことを何も知らないままでしたから)環境を整えて、6年前に「猫家族育て」スタート。
人が大好きなママ猫の、出産と子育てをすぐ側で見させてもらい、机上では分からない驚きの場面に多々出合って感動しきりでしたね。

驚きの1、 子猫には、生まれ出るとき、あの施術用のメスのような細い爪に、サヤが被さっていたのです。
       母体を傷つけないようになんですね。!

驚きの2、 サヤがとれた後、爪はグングン伸びます。それを母猫が自分の歯で引っ張って4匹分を切ってあげて
       たのです。母猫の下唇の辺りが、赤く炎症おこしたので何でだろう?とよーく観察していたら、発見し
       ました。それからは人間が切ってあげることにしたんですよ。いまじゃ爪切り大好き猫たちです。

驚きの3、 父猫も子育てに参加するのです。お尻を舐めてあげたり、遊んであげたりと。
       そして猫家族のあいだでは社会性が身につき、母・父・子どもの中のリーダーと位置づけがハッキリ
       してきました。子猫をもし、手ばなすのなら3ケ月は両親猫と一緒に過ごして、猫と人間とにうまく付き
       合えるような社会性を身につけてからにしましょう。ということが良くわかったものです。
       猫も人と同じです。充分に両親の分け隔てない愛情で育った子が、良いのは言うまでもありません。

いつか「ママ猫の子育て奮闘記と多頭飼い」について、ブログアップしたいと思いつつ、いまだ実現できない状態です。


とりあえずの  現在の猫家族の日々
d0129921_1913180.jpg

↑ 「遅れてごめんなさ~い」とアカが やっと5匹勢ぞろいです


d0129921_19133962.jpg

↑ 眠りたいの遊びたいの個体によって時間帯がマチマチです


d0129921_19194033.jpg

↑ こちらは猫の「風太」です 好奇心旺盛の子どもの中のリーダーです


d0129921_19142493.jpg

↑ 手前の小さなママが大好きで よく一緒に行動している男の子


d0129921_19143648.jpg

↑ パパが大好きな唯一の女の子 「パパ小鳥がきてますねぇ」「そうだね そ~としとこう」

この写真ブログの前座(同日付) 「 小さな幸せみーつけた 」へも遊びに来てくださいね063.gif

by sutudio_M | 2008-01-22 18:32 | 動物(猫家族など)) | Comments(0)


<< 2008年1月23日 東京は初...      2008年1月21日 大寒でも... >>