「 むっちゃんの 花鳥風月 」  メインは野鳥 + 猫家族・富士山・花・鉄道・空  

canaryizo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 18日

ホシガラス①こんなに美しかったのか こんなに愛嬌者だったのか! 2019/7/18

東北村行脚の時「ホシガラスが観られるかもしれない」
と1600m程度のところに連れて行ってもらった。
土砂降りの雨の中、車を走らせたが着いたら小雨

撮影のころは曇天。帰りがけには青空が見えるという
めまぐるしい時間帯だった。雨の降りしきる中での
ホシガラスを撮りたかったが、そうは問屋が卸さない。

しかし多いときは5羽~6羽のグループホシガラスが
飛び回って、生まれて初めての光景に、なんて美しい
なんてフレンドリーな鳥なのかと立ち尽くしてしまった。

富士山5合目のホシガラスを1羽しか観たことがなく
自分の意識を大いに変えなければならなかった。
神様はガーガー鳴く黒いカラスに宝石を散りばめる
がごとく巧妙な模様をあしらってくださった。なんて素晴らしいこと!



ホシガラス 星鴉 


d0129921_20125256.jpg

グループが家族・兄弟なのか無縁なのか 大いに気になるところだ
d0129921_2013042.jpg

近っ! 600mmもいらないよ~
d0129921_2013837.jpg

模様の繊細さにうっとりする
d0129921_2013164.jpg

鳥の世界では幼鳥の模様で斑点状のを「ホシ」というが ホシガラスの「ホシ」は☆☆☆のようだ
d0129921_20132868.jpg

( すべて SONY DSC-RX10M4 による撮影 )
d0129921_20133569.jpg

羽色で若ぽいのも混じっていた 
d0129921_20134282.jpg

留鳥 少し高度があって マツボックリが沢山あるところを好むという
d0129921_20135012.jpg


# by sutudio_M | 2019-07-18 23:51 | 2019年 鳥 | Comments(0)